<-- abc -->
仕事

サラリーマンが副業をやるなら「ブログ」を始めるべき3つの理由

IT企業でエンジニアとしてサラリーマンをしております、てぃーぽです。




今日本では政府がサラリーマンの「副業を推進」しています。

というのも少子高齢化で働く人が減り、経済が停滞し、収入が減るという悪循環に入っているからですね。

今の世の中では会社に依存していると、「倒産」「解雇」「家族の問題」等で働けなくなり、収入がぴったりなくなってしまう可能性が少なくありません。

 

 

ITエンジニアのようなすぐに転職できるような職種ならまだしも、例えばコピー機の営業をしていて、コピー機が世界から必要なくなったとします。そうしたら新しく雇ってくれる会社はどのくらいあるでしょうか?

営業職を乏しめるわけではないですが、その働き方にはリスクがあります。

 

自分の将来を守るためにもお金は必要不可欠です。

お金の流れはどこからか1つだけ、会社の収入だけという状況は大変危険です。副業をして新しい収入源を得る必要があります。

そこでおすすめな副業がブログです。この記事ではサラリーマンが副業としてブログをするべき3つの理由をお話しします。

 

誰でも簡単に、空いた時間で始められる

よく「副業」と検索をかけて調べると投資系の記事がよく見られます。

でもなにか違うって思いませんか?

こちら収入が少なく、副業で稼ぎたいのに元手が必要で、減るリスクのある投資を勧められるのは。

そんなお金ねーよ!って思いませんか?

 

副業で始めるべきなのは元手があまりかからず、かける時間も融通が効くものでなくてはいけません。

 

そこでブログです!

レンタルサーバーやドメインといった初期投資は必要ですが、はてなブログといった無料で始められるサービスもあります。

それでも初期投資額は安ければ一回飲み会を我慢するだけの値段の3000円程度で始めることができます。

 

このブログというのはアイドルが「この○○のお菓子美味しい〜!」とかのようなブログではありません。

 

「営業でテレアポする時の口調について気をつけること」

「営業でミスしたときの挽回の仕方」

など「誰かに利益を与えることができる情報・記事」のことです。

その記事に広告を載せることで収益化を図ることができます。

 

サラリーマンであるあなただからこそ書ける記事というのが必ずあります。

そういった記事でどれだけ稼げるのかはもちろん記事や広告にもよりますが「今日はヒトデ祭りだぞ」の元サラリーマンブロガーのヒトデさんは月収100万以上を稼ぎ、サラリーマンをやめています。今では税金対策のために法人化しているほどです。

 

「文章書くなんて俺には無理だわ。。」

なんて思わないでください。最初は誰でも初心者です。最初に会社に入って学んだ頃に比べればもっと少ない勉強量でブログが書けるようになります。

まずは簡単に自分の働いている業界の現状を記事してみましょう。必ず「就活生」には読まれますよ。

 

ただ、覚えておいて欲しいのは「簡単に始められるけど簡単には稼げない」ということです。

少ない自由時間を記事作成にかける努力だけは覚悟してください。

 

サラリーマンならブログのネタが豊富に出てくる

専業でブログをやると「何書けばいいんだ」「ネタがない」などの状況に陥ってしまう可能性もありますが、サラリーマンだと「ブログのネタがたくさん」あります。

 

というのも会社という環境は刺激の宝庫だからです。

「部下」「上司」「服装」「礼儀」「マナー」いくらでもネタは出てきます。

私自身、他に描きたい記事を書いているため、そういう記事をあまり書いていませんが、ネタに困ったらすぐに会社をネタすると決めています。

 

働いているからこそ書けるネタの中に、稼げるジャンル「転職」があります。

もしあなたが転職経験者であればそれは相当のアドバンテージになります。

誰だって初めては不安で、経験者の話って聞きたいですよね?

あなたがブログの記事を書き、転職系の広告(3000円と仮定します)を貼り、そこから誰かが広告をたどって転職サイトに登録でもしたらあなたにお金がチャリンチャリンと入って来ます。それもあなたがテレビを見てまったりしている時にです。

 

もちろんテレビを見てる時と限定しているわけではなく、お伝えしたいのは「あなたが営業しなくてもブログが代わりに営業してくれる」ということ

 

なんて気持ち良いのでしょう!

まさにあなたは「ブログ」という会社を持った「経営者」ですね。

あなたは自分で社員を選び(記事を書く)、解雇する(記事を削除する)のも自由です。

ただ1点重要なのは「最低100人の従業員(つまりは100記事)」が必要ということです。仮に1記事に2時間かかるとしたら200時間は費やさなくてはいけません。それも雀の涙程度の報酬で。

 

ここで「あ、おれそんなの無理だわ」という稼ぎたくない方は回れ右をしてください。

「楽して稼げる」ということはこの世の中にはそうそうありません。

ですが「後々、楽して稼げる」ならそこら中にあります。

 

ブログの記事はwebにアップした段階で消さない限り半永久的に残り続けます。やりましたね。文句も言わず働き続けるゾンビ社員のできあがりです。(記事のメンテナンスなどは必要ですが)

 

ブログの記事は書けば書くだけ資産となります。金融資産とは違う元手のかからない資産です。

 

少しでも興味が出たら今すぐに行動しましょう。

「クロネのブログ講座」が秀逸なのでこちらを参考に記事を書くと良いと思います。

 

ブログで失敗しても仕事に生かすことができる

もちろん絶対にブログで稼げることを約束できるわけではありません。ただただ時間を費やして稼いだ額は100円なんてこともザラです。

最初の一年間はまとまったお金を稼ぐことはできないと理解していてください。

 

「人生で大事な時間を失うなんてハイリスクじゃないか!」

 

そう思いますか?

私は全くそうは思いません。

 

ブログ記事を書くことで、あなたは「誰かに伝える能力」を養うことができます。ITの知識も自然とついてきます。

この2つの能力はどこでも役に立ちます。

 

仕事で誰かと話さないなんてことは滅多にありません。誰かと話して、共有して、初めて仕事ができるんです。

こういった本が出ている時代です。 文章から「人に伝える能力」を鍛えてもよくはありませんか?

 

今の時代、インターネットを使わないでビジネスするのは自殺行為です。

インターネットというのはお金を稼ぐ宝庫です。youtuberなんかはまさに時代の象徴ですね。現代は多種多様な稼ぎ方ができる時代なのです。

 

そしてあなたの記事自体が1番仕事に活かせるはずです。

  • 自分で読み返すもよし
  • 新人に読ませるもよし
  • パワハラで記事をシェアさせるのはダメです

仕事に関する記事を書けば書くだけあなた自身の力になります。

さあ、今すぐブログを始めましょう!

 

こちらの記事「おすすめのレンタルサーバー」も合わせてお読みください!

 




まとめ

サラリーマンであれば記事に困ることはなく、ブログを始めることはメリットでしかないことお伝えしました。

 

ただ何度も言いますが「楽ではありません」

仕事で疲れた体にムチを打って記事を書き、休日は遊びに出かけたい気持ちを抑えて記事を書かなければ「稼ぐための道のり」どんどんと遠ざかるばかりです。

 

やる気がある人なら1日1記事書く人もいますが、残業が少しでもあるサラリーマンはそうはいきません。3日で1記事書ければ上出来でしょう。

なので最初はゆるめに、1ヶ月で10記事を目指してください。

 

それでも最初の3ヶ月は全くPVが伸びないはずです。でもそこで、難しいですが、モチベーションを保って記事を書いてください。

そうすれば明るい未来があなたを待っているはずです。