就活

【他の人と差をつけろ!】新卒が読むべきおすすめ自己啓発本【5選】

金持ち父さん貧乏父さん

社会人3年目のてぃーぽです。

社会の荒波にもみもみされています。

 

さて、新卒・新社会人の方、これからの未来に不安を抱いていると思います。

そんなみなさまに1つアドバイスをすると「周りは努力しない人がほとんどだから努力するという選択をするだけでイージーモード」ということをお伝えしておきます。

 

私はエンジニアという技術職ですが、他の人より努力した結果、新卒時の年収より約200万円ほど上げております。

 

社会は努力しない人が大半なので少し努力しただけて目立つことができ、評価はうなぎ上りになる傾向があります。

 

それをふまえ「努力するにしたって何をすればいいの?」と思うでしょう。

そこで自己啓発本です。

 

行動を変えるためには思考を変える必要があります。

今回は社会人になってから約2年半ほどの間に非常にためになった自己啓発本を紹介します。

 

7つの習慣 / スティーヴン・R

 

この本が自己啓発本の最高傑作です。

「7つの習慣」は世界中で売れているベストセラーです。

全ての習慣が大事であるのですが、1番読んで欲しいのは第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」というものです。

 

どんな人間になりたいか。

何をしたいのか。

何をするべきか。

 

就活の頃にやった自己分析と似ているかもしれませんが、これから長い期間働くにあたり、もう一度深く考えるのにいい機会になるはずです。

 

科学的に正しい筋トレ 最強の教科書 / 庵野 拓将

 

最新の研究結果から導き出された最適な筋トレ方法が書かれています。

「なんで筋トレ?」と思うかもしれません。

ここで筋トレによるプラスのメリットをお伝えします。

 

  • 体つきがよくなる(アメリカでは自己管理ができていると評価されている)
  • 話のネタになる
  • 病気にかかりづらくなる
  • うつ病にかかりづらくなる
  • ガンの死亡率が20%下がる(他の病気も含めるとなんと30%!)
  • 1人でもできる
  • 自宅でできる
  • 世界的なフィットネスブームにのれる

ぱっと上げただけでもこれだけのメリットがあります。

筋トレをする理由があっても筋トレをしない理由がありません。

健全な仕事には健全な肉体が必要です。

 

年収が高い人ほどジョギング率が高いというデータもあります。

社会人になったからには自分の体にもコミットするべきです。

 

FACTFULLNESS / ハンス・ロスリング

幅広い分野での本当の知識が書かれています。

 

「世界の1歳児で、なんらかの予防接種を受けている子供はどのくらいいる?」

「いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいる?」

 

世界が今どうなっているのか、以前に比べてどうなっているのか。

この本を読むことで「事実に基づいて世界の見方を広げること」ができます。

社会に出る前に視野を少しでも広げておきましょう。

 

Netflixの最強人事戦略 / パティ・マッコード

世界的な動画ストリーミングサービスを提供しているNetflixの人事戦略です。

もとはただのレンタルビデオ屋だったNetflixがどうやってあれだけの大企業に成長したのか、人事目線で知ることができます。

 

アメリカの方法にはなりますが、日本でも「就活を欧米に合わせる」動きが出てきているので読んでおいて損はありません。

 

どういった意識で働くべきなのか、世界基準で学んでおくのは重要です。

 

金持ち父さん貧乏父さん / ロバート・キヨサキ

 

まず前提知識として知っておいて欲しいのが「r > g」という式。

これは年間における資産増加が「資産運用(リターン)」が「経済成長率(グロース)」を上回っているということ。

これは所得の伸び率は投資家に勝てないという事実です。

 

この前提をふまえ、この本では筆者が「金持ち父さん」「貧乏父さん」を比較してどうすればお金持ちになれるのかを説いています。

純粋に読み物としても面白いですし、私の人生に少なからず影響を与えている本です。

 

みなさんは資本主義の社会で飛び出すわけですから「お金の話」は避けては通れません。

金融系の本は定期的に読むようにしておきましょう。

 

まとめ

実際には自己啓発とは少し違うものも混ざっていますが、全て自己啓発といっても遜色ない素晴らしい本なのでおすすめです。

 

仕事に直結する本はよりは生き方に直結する本を選んでいます。

生き方が変われば仕事に対する意識も変わります。

小手先の仕事術よりはよっぽどためになる本たちです。

 

ぜひ読んでみてください!