筋トレ

社会人こそ筋トレすべき5つの理由!仕事が必ず捗ります

黒人ビジネスマン

ども、てぃーぽです。現在社会人2年目でエンジニアをしています。(ずっとデスクワーク)

筋トレを続けてはや1年半。177cmで70キロをキープしています。

筋トレてぃーぽ

 

社会人になると一気に運動の頻度が下がりますよね。そのせいでお腹が出て、首の下にぜい肉がついてきて、階段を上ると息が上がる…

健康のためにも社会人は運動しなくてはなりません。でもジョギングとかものすごくめんどうくさい…

そんな社会人は筋トレをしましょう!

健康だけでなく、仕事がうまくいくようになります。これは科学的に証明されていることなのでそれを解説していきます。

 

筋トレをすることでストレスが発散される

体感

筋トレをすると会社のストレスを著しく下げることができます。

血流がよくなり、体全体や脳へ血がめぐり、リフレッシュすることができます。

筋トレの後の体は脱力し、強制的にリラックスしている状態になるのでストレスを健康的に排除することになります。

注意点は無理に筋トレをしすぎると逆にストレスになってしまうので自分に合った重量や頻度を意識しましょう。

 

ストレスが発散されれば会社に行くのも億劫じゃなくなります。

「今日も会社か…」から「うっし、今日もやったるか!」のテンションへと変わります。

筋トレによって自信がつく・メンタルが強くなる

黒人ビジネスマン

筋トレをすることにより、自分の体の変化にすぐに気づくことになります。

「筋肉が1か月前より大きくなっている。脂肪が減っている。」

世間のほとんどの筋トレしていない人より、自分のほうが筋肉があって「良い身体」をしているのです。

この自己認識や優越感が自己肯定感を生み、自分のことが好きになります。自分のことを好きなることが自信につながります。

 

また「ダンベル5kgで始めたのが今では10kgになっている。」

こういった仕事では得づらい自己成長を感じることができ、自信が自然とつくようになります。

 

そして筋トレによって自信がつくと、メンタルも同時に強くなります。

例え上司に怒られることがあっても

「は? お前そんなだらしない体でバーベル80キロ上げられるのか? 俺は上げられるけどな!」と心の中で馬鹿にできます。

 

「健全な精神は健全な肉体に宿る」(てぃーぽの大好きな漫画「ソウルイーター (1)」より)

精神を鍛えるのはまずは身体からです。

 

筋トレによって生活習慣がよくなる

いい食事

生活習慣がよくなれば自然と仕事もうまくいきます。

筋トレ「寝不足、栄養不足を改善」することができるのです。

 

まず筋トレをすると「筋肉をもっとつけたい!」と思うようになります。

筋肉をつけるためにはタンパク質を意識的に取らなければいけません。

「もっと筋肉を良く魅せるために脂肪を落としたい!」こうも思います。

脂肪を落とすために脂質をなるべく取らないようにし、高カロリーの食べ物を避けるようになります。

そうするとあら不思議、「食べ物の成分表を見る」クセがついているではありませんか!! 食事の改善によって理想的な栄養を取ることができるようになります。

 

また、筋トレをすると疲れてぐっすり寝れます。

社会人が筋トレをすることになったら基本的には仕事終わりの夜になります。

筋トレの丁度いい疲労感が質の良い睡眠を促します。

 

「いや、仕事が遅くて筋トレの時間なんてないよ…」

すぐにでも転職しましょう。あなたの幸せを奪っています。

ただ簡単に仕事をやめられないのも事実です。ですが筋トレは別に30分もやらなくても、ダンベルを左右10回ずつ上げるだけでも筋トレです。

お風呂の前に少しだけやりましょう。

筋トレによって努力する方法がわかる

はじめの一歩名言 はじめの一歩(1) (講談社漫画文庫)

何事も小さなことの積み重ね

「そんなこと言われなくてもわかってるよ…」

こんなのは誰でもどこでも聞いたことがあると思います。

ですが、「わかる」と「できる」は違いますよね?

今までできていなかったのであれば、「よし、今日から仕事をコツコツ頑張るぞ!」となっても続かないでしょう。

そこで筋トレです。筋トレによって小さい積み重ねを実戦形式で、確実に学ぶことができます。

 

筋トレを始める上で最初に「今日はダンベル10回上げるぞ」と思ったとします。

ここで「目標を立てる」ことができます。

 

そして筋トレを始める。

フンっ! フンっ!

 

実際にダンベルを10回上げ、あなたは「目標を達成」することができました。

次の日も「ダンベル10回」を目標にダンベルを上げているとふいに「ん、あともう1回は上げられるな」と11回目に挑戦します。

ここで「目標以上の達成」を感じることになるでしょう。ホップステップジャンプって感じですね。

 

これって単純なことだけど、仕事でも同じではないですか?

達成するための目標があり、そのために努力して実行。達成してどんどん目標は高くなっていく。

自身がついて、コツコツやる習慣がつくなれば、筋トレをやらない理由がないですね!

 

結局は仕事は体力勝負

ジョギング男

人間の差なんてものは実際は大したことがなかったりします。

結局のところは体力がものをいうものです。

他人が「あー、疲れた。ちょっと休むか。」と休んでるうちに仕事をたんたんとこなせる人との差は体力です。

筋トレして基礎体力をつけましょう。

 

こういったことがさらに詳しく書かれているのがteststeronさんのこの本です。

絶対に読んでおいて損はありません。どんな自己啓発本よりよっぽど価値があります。